読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女は何か言いたげ。

口にだすほどでもないことを言葉にする

google play music

別にGoogleの回し者ではありません。

はるです。

 

最近google play musicで音楽を聴いてます。

3ヶ月間は月額100円なのでお試しって感じで入ってみました。

意外といいです。

好きな音楽はだいたい入ってます。

みなさんの好きな音楽が入ってるとは限らないんですけどね。

 

実は今も音楽を聴きながら書いてます。

今はTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTを聴いてます。

かっこいいので好きです。

本当はブランキージェットシティを聴きたかったんですけど残念ながらなかったので、ブランキーのラジオにミッシェルがあったのでそっちを聴いている次第です。

あ、ラジオっていうのはそのアーティストを好きな人が好きそうな曲をまとめたプレイリストみたいな感じです。

 

こうやって解散してしまったアーティストの曲も手軽に聴けるっていうのはすごい便利ですよね。

ミッシェルくらいだと未だにCD置いてますけど、でも置いてないところもあると思うんですよ。

大体の音楽が手軽に聴けるっていうのが最大の魅力ですよね。

 

もちろん似たようなサービスでAWAとかLINE musicとかspotifyがあるのは知っていますし、全て試しました。(アップルのやつだけはアップル製品を全く使っていないのでわかりませんが)

LINEは曲数とかも微妙だったような感じで無料試用期間過ぎたらやめました。

AWAはそこそこ使い勝手が良くて好きな音楽も多かったのでお金を払うか迷いました。

spotifyは無料版の広告がうざすぎて、音楽もそんなに好きなのが多いわけではなかったのでお金出す程でもないなと思ってやめました。

あとspotifyは同じアーティストの曲を連続で聴けなかったのでそれもイライラしました。

googleのは好きな曲が多いのもそうですし、「人間椅子が好きな人は筋肉少女帯も好きだろうな」みたいなのもわかってくれます。(どちらも知らなかったらごめんなさい)

 

でも今やってるアニメ、ユーリのEDを「つしまみれに似ている」とおすすめしてくるのはちょっと意味がわかりません…。

そういう意味のわからないおすすめをされた方がいたらぜひ私にコメントで教えてほしいです!

笑いのネタにします!

叶いっこないこと

突然ですが、みなさんは叶いっこないけれどずっと夢見ていることはありますか?

「空を飛びたい」

「働かずに贅沢に暮らしたい」

などなど。

私はずっと夢見ていることがあります。

それは、兄弟がほしいという夢です。

 

母は50代、もう離婚して再婚した時の連れ子ぐらいしか期待はもてません。

養子縁組とかは多分する気もないと思うのでその線は捨てます。

 

私は一人っ子なので兄弟あるあるが全くわかりません。

好きな食べ物は最後に食べるタイプです。

マリパとかスマブラとかは持ってません。

勉強や運動で比べられることはありません。

 

もちろん一人っ子は一人っ子の良さがあります。

兄弟と同じ部屋にされることがないとか。

お下がりを着るということがないとか。

でも私はお下がり憧れてたんだよなぁ。

お兄ちゃんのお下がりは嫌だけど。

 

私は物心ついたときから兄弟がいたらなぁと妄想を繰り広げていました。

もしお兄ちゃんがいたら、お姉ちゃんがいたら、弟がいたら、妹がいたら、と。

絶対に楽しかったと思います。

兄弟がいたらいいのになぁ。

なんで産んでくれなかった、母よ。

 

そんなこんなでマリパ2のバーチャルコンソールを買いました。

彼氏とやります。

2006年の思い出を探して

私は今大学4年なので、2006年は小学6年でした。

はるです。

 

私は2006年で完全にオタクになりました。

2006年といえば涼宮ハルヒの憂鬱が放映された年です。

私くらいの年代の方はおそらく同じように涼宮ハルヒでオタクデビューを果たされた方が多いかと思います。

それくらい私達の年代の人達にとっては影響力があるアニメだったと思います。

 

その頃のネットは今ほど普及してなかったし、Twitterなんかないしmixiだし個人サイトがめっちゃあったしオタクはだいたい個人サイトを持ってました。

私は小学生だったこともあってサイトは作ってなかったんですけど、ハルヒ好きの腐女子の方のホムペによく遊びに行ってました。

 

最初はサイトを閲覧するのみだったのですが、ふとお話したくなってしまい絵チャットに参加しました。

そのサイトの管理人さんは当時高校生だったんですが、小学生のサイト訪問者がいるなんて思ってもなかったみたいでめちゃくちゃビックリしていました。

 

思えばあの管理人さんのおかげで今の私のオタクライフがあるような気もします。

あと性癖とかの影響も…(私は今は腐女子じゃないですけどね!!!!)

 

できればその管理人さんがまだネットで活動されているのであれば、また仲良くしたいなと思ってます。

私はHNを変えてないからいつかちらっと現れてくれないかなとか思ってます。

chromebookのセキュリティって

はるです。

chromebookでネットに繋いでると変なポップアップがめっちゃ出てきます。

chromeのポップアップをブロックするアプリのおかげで今は気にしなくてとても良いのですがね…。

現在は13個のポップアップをブロックしてるみたいです。

そのアプリがなかったら13個ものポップアップが画面上を埋め尽くすんですよね?

おぞましくないですか?

 

chromebookgoogleがセキュリティを保持してるらしくて、そのためのアップデートが頻繁に行われるとかで、他のOSにあるようなウィルスソフトはいらないよと聞いたので安心してたらこれです。

いかがわしい出会い系のポップアップばっかり出てきます。

アプリでなんとかなるので良かったですが、ネット通販はしばらく怖くてできないなぁ…。

ウィルススキャンとかやらないとなんだか怖くてね…。

 

chrome使ってる方でおすすめのウィルス対策アプリをご存知でしたら教えて下さい!!

夢のまた夢

はるです。

就職先はもう決まっているんですけど、フリーターになって働きたいなって思うことが結構あります。

お金は欲しいからフリーターだとかなり厳しいとは思うのですが、でもやってみたいなと思うバイトがあります。

 

カフェとかいいですよね。

大学生なら大体の人が考えるのではないでしょうか。

私はカフェで働くとしたらシャノアールがいいなぁと思っています。

最寄り駅にあるんですけど、チェーン店でありながらセルフじゃないのがいいです。

お客目線なので、実際に働いたら大変なんでしょうけどね…。

 

あとは美容室の受付をやってみたいです。

髪の毛の相談とかできるのがいいなって思います。

こう見えても(?)私は重度のくせ毛なので、そういう相談できる人が身近にいたら助かるなぁと思います。

実際受付やってる人はもしかしたら美容師見習いみたいな人なのかもしれませんけどね。

 

あとコンビニで働きたかったです。

時給が悪いのと、店によって当たり外れがあるみたいなので敬遠してたんですけど、楽なとこのコンビニで働いてみたかったなと思います。

髪色とか変えたいのに厳しいところばかりで働いてたので、そういうのが自由なところで働きたかったかもなぁってだけなんですけどね。

でもコンビニで働いてる人はいろんな人を見ているから面白いんですよね。

今のバイトも結構いろんな人が来ますが、コンビニほど多種多様な人間が来るわけではないのでちょっと羨ましいみたいなところもあります。

 

あと、バイトのことじゃないですけど、自分でお店を出すってのもいいなぁと思います。

飲食店だろうがなんでもいいんですけど(コンビニとかのフランチャイズ店はあんまりですけど)、先ほど出たカフェを出店するのもいいなぁと思います。

自分が好きなもので店内を埋めて、自分の好きな空間を作るのってすごい素敵だと思います。

ごくごくたまに個人のやってるカフェに行くことがあるんですけど、なんか幸せそうなんですよね。

やりたいことをやっているから当たり前なのかもしれませんが、いいなぁと思うんです。

そういうのを見てると自分もやりたいなぁと思ってしまいます。

もしカフェを出店したとしても自宅でいつもドリップするコーヒーの味が違うし、そもそもコーヒーのこともあんまりわからないから多分ヒットしないで終わってしまうんだろうなと思うんですけどね。

 

そんな夢のまた夢の話でした。

chi

チャイナじゃないよ。

はるです。

 

最近chromebookを買いました。

ASUSchromebook flipってやつです。

chromebookを買う前に、どんなことができるのかと思いYoutubeでレビューしている動画を見てたんですけど、有名Youtuberさんたちはみんなacerchromebookのレビューをしていて、そちらを買おうか少し迷いました。

ASUSchromebook flipのほうは画面がタッチできるタイプで2ni1に近かったのでこちらを購入しました。

 

初めてchromebookでブログを作成しますがとても使いやすいです。

スマホだと画面が小さすぎて何を書いてたんだか途中でわからなくなるのですが、ノートPCだとそういうこともないので良いです。

 

これはいい買い物をしたかなと思います。

 

 

少し話はそれますが、私は今までPCではchromeを使ってなかったんですよね。

firefoxとかoperaとか使ってました。

PCにchromeを入れるとなぜかPCの動きがおかしくなるのですぐにアンインストールしてしまったんです。

でもchromebookの場合はchromeしか使えないのでしばらく慣れないなぁと思いながら使っていると、結構おもしろいアプリとか拡張機能とかがあって、今はそれを探してダウンロードするのが楽しいです。

chromeアプリの中にDJができるアプリがあって、それはまだ入れてないんですけど、ウェブ上でそんなことができるのかよ!と驚きました。

オフィス系もウェブ上でできるし、今はもうウェブ上でできないことなんて殆ど無いんですね…。

 

こうやって時代が変わるとできることがどんどん増えていくのに何も知らないのは損だと思いました。

なのでブログを書き終わったらDJやってみようかと思います。

ネタバレ注意!コンビニ人間を読んだ感想

はるです。

お願いランキングでも紹介されてた芥川賞受賞作品の「コンビニ人間」を読みました。

急いで読んだので、細かいところまでは覚えてないのですが、読んでいて思うところがいくつかあったので感想を書いていこうかと思います。

なお、なるべくネタバレしたくないのですが、多分ネタバレが一部あると思うので、これから読む予定の方や気になってる方はあまり見ないほうがいいと思います。

 

ここから先は自己責任でどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お願いランキングでは、この本のラストは人によってハッピーエンドだったりバッドエンドだったり、感じ方が違うかもしれないと紹介されてました。

私も読む前に、すでに読んだ彼氏から「結末はどう受け取ったらいいかわからないけど、ハッピーエンドだって思った人とは付き合えない」と言われました。

 

「私がハッピーエンドだって思ったらもしや交際終了か?別れた原因はコンビニ人間か?」と不安になりながら読みましたが、読み終わって少しホッとしました。

私はハッピーエンドでもバッドエンドでもないと思います。

主人公を自分の親族や知人に置き換えると、あの終わり方はバッドエンドに近いと思います。

それこそもしあの話に続きがあって、そうしたら妹はなんて思うのでしょう。

きっと悲しみますよね、それか困惑とか、とにかく喜びませんよね。

でも、主人公を知らない何処かの人間としたら「まあそれはそれでいいんじゃん?お前のこと知らないけどやりたいんでしょ?良かったじゃん」みたいな感覚になると思います。

もしかしたら知らない人にも「いや、それはヤバイよ」みたいなこと言う人もいるかもしれませんが、そういうお節介は私は嫌いなので無視します。(知らない人のことをズケズケ言う人は言いたいだけなので、もし周りにそういう人がいたら無視してあげてください)

 

私がハッピーエンドでもバッドエンドでもないと思うのは、そのどちらにもなれないからだと思います。

多分私自身が本を読んでいる瞬間だけ、古倉さんになってしまったんだと思います。

 

古倉さん(下の名前忘れちゃったよごめん)の考えることの半分くらいは同じことを考えていてショックを受けました。

小鳥が死んでたときに食べようとは思いませんし、喧嘩している人たちを止めるために殴ったりもしません。

でも、ずっとこの世界にある常識を疑いながら生きていたのは事実です。

そんなに大層なことは考えてないんですけどね。

 

たまにバイト先で常識に浸かってしまった人たちが私を苦しめてくるときがあるので、コンビニ店員の他の登場人物たちを私はバイト先の人間に換えて読んでいました。

 

もしかしたら私は白羽さんのような人間かもしれません。

でも彼のように金に意地汚いとか、世の中を異常に恨んだりはしません。

もしかしたら白羽さんと古倉さんを足して二で割ったような人間なのかもしれません。

どちら側にも共感しつつ深いところでは「私は流石に古倉さんほどではない」とか「白羽さんほど行き過ぎた考えは持ってないな」とか思いました。

 

少し話は変わりますが、「普通の人は普通じゃない人を裁判したがる」とか「修復される」とかそういう言葉にすごく恐怖を感じました。

私も矯正されて普通の人間にされたのかもしれないと思うと怖くなりました。

 

古倉さんの場合は、ねじ曲がっている感覚をコンビニ店員として矯正した結果、自分の人生としてではなくてコンビニ店員としてしか生きていけなくなってしまったんだろうなと思いました。

でもそれは古倉さんという人間は死んでるのと同じなのではないかとも思います。

白羽さんはかろうじて首の皮一枚で自分の人生を生きようとしています。

白羽さんは生産性の無い人間だなと個人的に感じたのですが、最後まで自分らしさを追うために古倉さんを使って何もせずに、しかも普通の人から罪に問われずに生きようとしていたように感じます。

 

 

 

 

 

いろいろ考えたんですけど、ずっとこの小説のことを考えていたらマジで自分が殺されそうなのでこの話のことは忘れてゲームやりながら夜更かししようと思います。